Marco 知の鍵

メインBlogから本に関するものをピックアップ。ああビブリアみたいな場所で一日中本読んでいたい。

作者 た行

『メリイクリスマス』 太宰治 オリジナル原文

東京は、哀かなしい活気を呈していた、とさいしょの書き出しの一行いちぎょうに書きしるすというような事になるのではあるまいか、と思って東京に舞い戻って来たのに、私の眼には、何の事も無い相変らずの「東京生活」のごとくに映った。 私はそれまで一年三…

『鵠沼・東屋旅館物語』 高三啓輔 著

『鵠沼・東屋旅館物語』博文館新社 著:高三啓輔 ( Takami Keisuke ) 非常に興味深い一冊です。 この本を知ったきっかけは、里見弴の小説『潮風』。 小説の舞台がこの旅館で、冒頭部分に東屋の玄関先で大道芸見物をしている逗留客や仲居たちの様子が、見事な…

『悼む人』 天童荒太

題 名 : 悼む人 著 者 : 天童荒太 発 行 : 文芸春秋 発行日 : 2008-11-30 読了日 : 2009-03-01 聖者なのか、偽善者か?「悼む人」は誰ですか。 善と悪、生と死が交錯する至高の愛の物語。第140回直木賞受賞作 もうり 君の薦めで読んでみたけど、オレは…